こちら、20代手前でウェディングし、幸せな一家をすぐにでも作りたい野望がありました。ですからか、ウェディングや分娩を通して行くお客様を見るとはなはだ羨ましく、長く一緒にいた彼を見ては当人は何時だろうと思っていました。です・・・